ライブドアブログ・記事の投稿方法
#4 リンクの貼り方編

ここでは、ライブドアブログでの記事の投稿方法で、
リンクの貼り方を図解します。

リンクとは、リンク設定をした文字(テキスト)や画像をクリックすると、
指定されたURLのページにジャンプする機能です。

あなたも、リンクをクリックしてこのページに来ているはずです。


1.チェーンのマークがリンクのアイコンボタンです。
 まずは、文字にリンクの設定をしてみます。クリックしてみましょう。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


2.下記画像のボックスが開くので、必要項目に入力します。
 リンクするテキスト:表示させてリンク機能を持たせたい文字列を記入します。
 リンク先URL:リンクをクリックしたとき、表示させるページのURL(インターネット上の住所)を入力。
 ターゲット:今開いてるウィンドを切り替えるか、新しくウィンドを開くか選びます。
 タイトル:関連するタイトルを入力。なしでも大丈夫です。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法

完了したら「挿入」をクリック。


3.カーソルを置いていた位置にリンク機能を持った文字列が設定されます。
 青い文字でアンダーバーが出ればOK。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


4.すでに打ち終わっている文字にリンクを貼ってみましょう。
 リンク機能を持たせたい文字を選択状態にして、をクリックします。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


5.先ほどと同じように必要項目を入力します。
 「リンクするテキスト」は選択した見字列がすでに入力されているはずなのでそのままでOK。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


6.選択していた部分が、青文字アンダーバーになっていればOK。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法

リンク機能を持たせた文字をクリックすると、リンク先URLが表示されます。
リンク機能解除や内容の変更はURLの右にある「リンクを解除」「編集」をクリックします。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


7.こんどは、画像にリンクを貼ってみましょう。要領は文字と同じです。
 まず、画像を貼り付けちょっとドラッグして、画像を選択状態にします。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


8.選択状態でをクリックします。
 「リンクするテキスト」には、選択した画像を表示させるためのHTMLタグが入力されている筈はずです。
 ほかは先ほどと同じやり方です。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


9.貼った画像のすぐ横にカーソルを置くか、画像を選択状態にすると、リンク先のURLが表示されます。
 リンク機能解除や内容の変更はURLの右にある「リンクを解除」「編集」をクリックします。

ライブドアブログ・記事の投稿方法リンクの設定方法


リンクの設定をしたらプレビューして、
実際にリンクを踏んで正しく機能しているか確認しておきましょう。
URLも間違えないよう気をつけましょう。

こんにちは、このサイトの管理人「けだま」です。

もしあなたが、

  • 今のままでは、経済的に不安がある
  • ちょっとでも、お小遣いを増やしたい
  • 起業して自由になりたいけど、何をしていいのか分からない

と言った類の悩みをお持ちでしたら、 このサイトが少しお力になれるかもしれません。

このサイトでは、仕事を続けながら、 自宅でパソコンを使い、副業でお金を稼ぐ方法を紹介しています。

あなたはこのメルマガを愛読して初期費用0円で作業するだけで、 知らず知らずのうちに稼ぐための思考やコツが身に付きます。

断っておきますが、ある程度作業しなくては絶対にお金にはなりません。

解除はいつでもできますので、ご興味がありましたら登録してみてください。

今なら
パソコンで文字が打てればOK!
「誰でも確実にただで十万円以上稼げる方法」
プレゼント中!

パソコン一つで178万円稼いだ方法

※フリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

※メール内容の性質上、迷惑メールに振り分けられやすくなっています。
不達のようでしたら、迷惑メールフォルダもご確認ください。

おもな手法としては、「アフィリエイト」を駆使します。

アフィリエイトは、極めてリスク無く初められるビジネスです。

私は、アフィリエイトの様々な手法を試し、収入を得ていますが、

そのやり方を、このサイトで教えています。

主にアダルトアフィリエイトのやり方が主ですが、 追々一般アフィリエイトのやり方についても、発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code