<p>タグと<div>タグの正しい使い分け

一見違いが分かりずらい<p>タグと<div>タグですが、
正しい使い方を心がけることで、SEOにおいてプラスに働くことも多いです。

特に見た目のデザインだけで、適当にタグを組んでいる人は要注意。
クローラーはちゃんと見ています。

後から沢山の記事のタグを直すのは大変な労力です。
最低限の適切なタグの使い方を覚えておきましょう。

ここで<p>タグと<div>タグの正しい使いどころを覚えてしまいましょう。

<p>に意味はあるが<div>に意味はない

もう一度<p>タグと<div>タグの定義を見てみましょう。

  • <p>:ひとつの段落であることを表す際に使用。
  • <div>:ひとかたまりの範囲として定義する際に使用。
  • <p>タグの方には「段落」とありますね。

    段落(だんらく)とは、
    文章において見やすくまとめられた文の塊(ブロック)。
    通常は複数の文によって構成される。

    日本語における段落には、次の2種類があるといわれる。

    意味段落(いみだんらく)

    ひとつの意味をもった塊。
    形式段落(けいしきだんらく)

    ある意味を表す複数の段落のうちの一つとなっている、表記上の段落。

    通常は、複数の形式段落をまとめて意味段落とする。

    Wikipediaより

    <p>タグは文章を囲むべし

    pタグ使用例

    要するに、
    基本的には文章を一塊に区切るときには
    <p>タグを使うということですね。
    段落はひとつの意味を表す文章で区切るのが理想でしょう。
    <p>タグで囲うことにより、
    クローラーに正しく文章の意味を伝えることが出来ます。

    また、<img>タグによる画像も
    <p>タグで囲うのが適切なようです。
    <img>タグはインライン要素なので
    <img>タグで囲んでも問題ないです。

    <p>タグにブロック要素を
    挟むことは出来ないので気をつけましょう。

    <div>タグは他に適切なタグがないときに使うべし

    <div>タグには<p>タグのような意味合いは全くありません。
    文章を<div>タグで囲んでも段落としてクローラーには伝わらないのです。
    ただ単に「ひとかたまりの範囲として定義する」だけです。

    <div>タグは<p>タグと違い入れ子もできるので凡庸ですが、
    他に適切なタグがあるならばそちらを優先して使うべきです。
    適切なタグが見当たらないからしょうがなく<div>タグを使うということですね。
    <div>タグ使用の優先順位は最下位に位置づけましょう。

    >>pとdivの違い

    こんにちは、このサイトの管理人「けだま」です。

    もしあなたが、

    • 今のままでは、経済的に不安がある
    • ちょっとでも、お小遣いを増やしたい
    • 起業して自由になりたいけど、何をしていいのか分からない

    と言った類の悩みをお持ちでしたら、 このサイトが少しお力になれるかもしれません。

    このサイトでは、仕事を続けながら、 自宅でパソコンを使い、副業でお金を稼ぐ方法を紹介しています。

    あなたはこのメルマガを愛読して初期費用0円で作業するだけで、 知らず知らずのうちに稼ぐための思考やコツが身に付きます。

    断っておきますが、ある程度作業しなくては絶対にお金にはなりません。

    解除はいつでもできますので、ご興味がありましたら登録してみてください。

    今なら
    パソコンで文字が打てればOK!
    「誰でも確実にただで十万円以上稼げる方法」
    プレゼント中!

    パソコン一つで178万円稼いだ方法

    ※フリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

    ※メール内容の性質上、迷惑メールに振り分けられやすくなっています。
    不達のようでしたら、迷惑メールフォルダもご確認ください。

    おもな手法としては、「アフィリエイト」を駆使します。

    アフィリエイトは、極めてリスク無く初められるビジネスです。

    私は、アフィリエイトの様々な手法を試し、収入を得ていますが、

    そのやり方を、このサイトで教えています。

    主にアダルトアフィリエイトのやり方が主ですが、 追々一般アフィリエイトのやり方についても、発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code