見出しhタグの正しい使い方を解説

見出しhタグの正しい使い方を解説

見出しhタグの正しい使い方を解説

見出しに使われるhタグは、
単純にデザイン優先で使うのは、SEOの観点から、好ましくないとされています。

何故なら、クローラーはhタグの配置によって、記事の構成を認識するからです。

ここでは見出しのhタグの使い方などについて解説しておきます。

見出しhタグの正しい使い方

見出しタグにはh1~h6があります。

h7以降はありませんが、
初心者のころの私はそれを知らずに勝手にh7とか作ってました。
恥ずかしい過去です。

よい子は真似しないようにね!(しないって)

見出しhタグは階層を意識する

hタグは、h1から始まる、階層を意識した構造にしましょう。

若いほど大きい見出しで、h6は一番の小見出しです。

筆頭にh1があり、h1が示す記事の中にh2があり、
h2の示す記事の中にh3があるといった感じです。

ちなみに、h6まできっちり使う必要はありません。
出番が無ければ、h2やh3まででもOKです。

図に表すとこんなイメージです。

見出しhタグの正しい使い方を解説

h1は1ページに1つが基本

h1は、そのページ固有のもので、
h1は1ページに1つが基本です。

大概は、ページの記事タイトルになっていたりします。

同一ページでのh1連発はやめましょう。

hタグにはキーワードを入れる

hタグに入っているキーワードは、SEO対策の対象で、
若い番号のキーワードほど、SEOで重要視されています。

あまりにも不自然になるととかで無い限りは、
重要なキーワードを含めるようにしましょう。

見出しhタグはSEOに影響ありとグーグルは言っている

グーグルでは、見出しタグの不適切な使い方をしたぐらいでは、
検索順位に対して大きな影響はないといっていました。

しかし、まったく影響がないわけでもないとも。

ほんのちょっとでも、影響があるのならば、やったほうが良いに決まってますよね?

特に難しいことではないので確実に、気を使っておくことをお勧めします。

後から、大量の記事を直すなんていやですからね。

まとめ

  • 見出しhタグは階層を意識する
  • h1は1ページに1つが基本
  • hタグにはキーワードを入れる
  • hタグに関しては、ここら辺を押さえていきましょう。

    こんにちは、このサイトの管理人「けだま」です。

    もしあなたが、

    • 今のままでは、経済的に不安がある
    • ちょっとでも、お小遣いを増やしたい
    • 起業して自由になりたいけど、何をしていいのか分からない

    と言った類の悩みをお持ちでしたら、 このサイトが少しお力になれるかもしれません。

    このサイトでは、仕事を続けながら、 自宅でパソコンを使い、副業でお金を稼ぐ方法を紹介しています。

    あなたはこのメルマガを愛読して初期費用0円で作業するだけで、 知らず知らずのうちに稼ぐための思考やコツが身に付きます。

    断っておきますが、ある程度作業しなくては絶対にお金にはなりません。

    解除はいつでもできますので、ご興味がありましたら登録してみてください。

    今なら
    パソコンで文字が打てればOK!
    「誰でも確実にただで十万円以上稼げる方法」
    プレゼント中!

    パソコン一つで178万円稼いだ方法

    ※フリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

    ※メール内容の性質上、迷惑メールに振り分けられやすくなっています。
    不達のようでしたら、迷惑メールフォルダもご確認ください。

    おもな手法としては、「アフィリエイト」を駆使します。

    アフィリエイトは、極めてリスク無く初められるビジネスです。

    私は、アフィリエイトの様々な手法を試し、収入を得ていますが、

    そのやり方を、このサイトで教えています。

    主にアダルトアフィリエイトのやり方が主ですが、 追々一般アフィリエイトのやり方についても、発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code