CSSセレクタの記述方法

スタイルシートでいうセレクタとは、
スタイルシートの{}の中に記述された命令(プロパティと値)を
特定のTHMLタグに適用する条件の部分です。
スタイルシートには、セレクタ{プロパティ:;}の形で記述します。

セレクタには、「HTML要素」や「クラス名」や「ID」を記述します。

HTMLタグの要素<p>に{プロパティ:;}を適用させたい場合、
p {プロパティ:;}と記述します。

HTML記述の<p>~</p>に{プロパティ:;}が適用されます。
(この場合pセレクタです)

セレクタにはHTMLに記述する要素名や、
任意のクラス名、任意のID名を書き込むことになるので、
特に決まったセレクタ名というものはありません。

このページでは
CSSのセレクタの記述方法を書いておきます。

すいません工事中です。

記号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code