アフィリエイトに関する用語をやんわり解説

このページでは、
主に当サイトで使用したネットビジネスに関する専門用語などの解説をやんわりと一応載せておきます。

※間違ってたらすんません。
※ちょっとずつ増やしていきます。

頭文字

A/B/C/D/E/F/G/H/I/J/K/L/M
N/O/P/Q/R/S/T/U/V/W/X/Y/Z
1/2/3/4/5/6/7/8/9/0

A

Affiliate(アフィリエイト)


アフィリエイト

ASP(エー・エス・ピー)


ASPとは、
アフィリエイト・サービス・プロバイダ(英: Affiliate Service Provider) のことで
インターネットを中心とした成功報酬型広告の提供者(プロバイダ)。

アフィリエイト報酬はASPから支払われるので、
アフィリエイトをするときは、
まず売りたい商品を扱っているASPと契約しないといけない。

契約は基本どこのASPも無料。

B

C

css


Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略。
文書の構造と体裁を分離させるという理念を実現する為に提唱された
スタイルシートの具体的な仕様の一つ。
HTMLの要素をどのように修飾(表示・スタイル)するかを、HTMLとは別ファイルで指示する。
CSSの利便性を最大限発揮する為に、別文書として読み込ませる事が推奨されている。

Wikipediaより

スタイルシートと書いてあったら大方cssを指す(カスケーディングはいつも省略されてる)。
HTMLのタグに対してのデザイン指示や決め事を記述した外部ファイルを指す。

D

E

EPC


アフィリエイトでEPCとは、
Earning Per Click(アーニング・パー・クリック)の略。

アフィリエイトする商品の選定の目安となる数値情報のひとつで、
1クリック分の平均報酬単価を指します。

計算式は、
EPC過去の総発生アフィリ報酬額÷過去の総クリック数

例)

アフィリ報酬5000円の商品Aで、
過去にアフィリリンクが381回クリックされてて14個売れてる。
過去の総発生アフィリ報酬額=アフィリ報酬5000円×14個70000円
EPC70000円÷381183(点以下切捨て)
この商品Aは、1クリックされるごとに183円のアフィリ報酬が期待できるという理屈。

高いほうがいいけど、
購入率も一緒に見たほうがいいです。

F

favicon(ファビコン)


ファビコン
FTP(エフ・ティー・ピー)


File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル/ファイル転送プロトコル)の略で、
ネットワークでファイルの転送を行うための通信ソフト。
容量の大き目のデータや、沢山のデータを送れるので便利。
レンタルサーバーにサイトデータ等をアップロードするときは、主にこのFTPソフトを使う。

⇒ちなみに私が使っているFTPソフトはこちら(無料)

G

H

HTML(エイチ・ティー・エム・エル)


Hyper Text Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の略称で、
ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語。
文章の中に記述することでサイトのデザインを操作したり、
さまざまな機能を記述設定することができる。
文字や画像をクリックすると、別のページにジャンプするとかリンクを仕込める。

I

J

K

L

M

MM


メールマガジン(mail magazine)のこと

メールマガジン

N

O

P

PPC


PPCとは、ペイ・パー・クリック(Pay Per Click)の略で、クリック報酬型広告のこと。

インターネット上に設置されたPPC広告が、クリックされるごとに課金が発生する仕組み。
課金は、広告主から報酬として貰う場合と、広告出稿費として払う形態がある。

広告主から報酬として貰う場合、アフィリエイターがPPC広告をウェブサイトに設置し、
閲覧者がそのPPC広告をクリックすることで、広告主のランディングページ等に誘導。
このときクリック数に応じて広告主がアフィリエイターに報酬を与える一連の形態のこと。

1クリックあたりの単価が安く承認率も割と低めで、
それなりに稼ぐには、膨大なアクセス数を稼ぎクリックさせないとならない。

関連用語:
リスティング広告
グーグルアドセンス

Q

R

S

SEO


listing

SEOとは、
Search Engine Optimization
(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)
の略で日本語で言えば「検索エンジン最適化」。

Google・Yahoo等検索エンジンの
検索結果のページに表示される通常の検索結果枠。
より上位表示させるための対策を、SEO対策といったりする。

T

TB


TBとは、トラックバック(Trackback)の略。

トラックバック

U

V

W

X

Y

Z


1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

あ行

アフィリエイト(Affiliate)


もともとの英語の意味は「提携する」とか「系列会社」。
日本でアフィリエイトと言えば、ウェブサイトやメールマガジンに広告リンクを載せ、
その広告リンクから商品が売れた時に、広告主が報酬を支払うシステムのこと。
アフィリサイト


アフィリエイトをするためのサイト

か行

購入率


アフィリエイトで言う購入率とは、
その商品の過去の総クリック数に対して、
実際その商品がどのくらい売れたのかの%。
アフィリエイトする商品の選定の目安となる数値情報のひとつ。
計算式
購入率売れた数÷過去の総クリック数
例)

アフィリ報酬5000円の商品Aで、
過去にアフィリリンクが381回クリックされてて14個売れてる。
購入率14個÷381回0.0367(以下切捨て)3.67%
100回クリックされれば3個くらい売れるっていう目安。

高いほど、よく売れやすいことになりますが、
EPCと一緒に見たほうがいいです。

カラム


カラムは段組のことで、
インターネット関係で言えば、主にサイトのレイアウトの段組を指します。
記事(メインカラム)とサイドバーの横並びの数を指して、
1カラム、2カラム、3カラムという。
カラム

さ行

サテライトサイト(Satelite Site)


サテライトは衛星のことで、
メインサイトの周りにあるサイトってこと。

サテライトサイトとは、
メインサイトとは別にまったく無関係のサイトとして
自作自演で設置するサイトのことで、

メインサイトの代わりに集客してメインサイトに誘導したり、
サテライトサイトから大量の被リンクをメインサイトが受けることで、
メインサイトの検索エンジンからの評価を上げるSEO対策になる。

強いところは、何十個、何百個とサテライトサイトを作っている。
その場合管理は大概は外注まかせ。
サテライトサイトのためのサテライトサイトを作ることもある。

「衛星サイト」といったりもする。

スタイルシート


⇒css

た行

タグ(tag)


ここでは主に「HTMLタグ」のことでHTMLを記述する符号。
<要素>の形式で記述する。
要素にはそれぞれの決められたパターンのアルファベットが入る。
多くの場合で終了タグの</要素>をセットで記述することがある。
タグ自体は、サイトの画面に見えることは無いです。

使用例
<a>~</a>⇒~にリンクが付く
<hr>⇒水平線を引く

トラックバック


トラックバック(trackback)とは、ブログの主要機能の一つ。
ある他人のブログの記事に自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。
またトラックバック機能を利用する行為自体を指すこともあり、
その場合は「トラックバックする」のように表現される。

※Wikipediaより抜粋

略して「TB」

な行

は行

ピンバック


ピンバック(Pingback、ピングバック)は、
ウェブ製作者がハイパーリンクを設置したことを通知するメカニズム。
ウェブログソフトウェアの中では、Movable Type、 Serendipity、 WordPress 、
Telligent Communityなどが自動的なPingbackに対応している。
ICMPプロトコルを利用するネットワークツール、pingとは関係がない。
Pingbackは実質的にはXML-RPCサイトAからサイトBに送信されるリクエストであり、
サイトAの製作者がサイトBへのリンクを含む投稿を行った際に送信される。
Pingbackはトラックバックよりスパムに悪用されにくいといわれる。

※Wikipediaより抜粋

ピンバックとトラックバックは似たものですが、
トラックバックはどこでも好きなURLに対してトラックバック送信できますが、
ピンバックは自分書いたの記事の本文に記載されたリンクにだけピンバック送信されます。
つまり、ピンバックは全然関係無い記事に対しては送信することが出来ないので、
本来の目的とは違う使い方やスパムに悪用されにくいということです。
ピンバックを受信した場合はリンク元のURLだけを表示します。

※トラックバックと違い、
 ピンバックはWordPressで作成されたブログ同士でしか有効にはならないです。

ファビコン(favicon)


ファビコン(favicon)は、
ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、
ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称である。
favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)
という英語の語句を縮約したものである。

Wikipediaより抜粋

ここで指すファビコンとはウェブサイトを表示したときに、
タブに表示されるちっちゃいアイコンのことです。
※下記はchromeの表示

ファビコン

⇒ファビコンの設定はこちら

ペイパークリック


PPC
ブログ


「ブログ(blog)」とは「ウェブログ(weblog)」を略した言葉で、
初心者でも簡単に記事を投稿できるかんたんウェブサイト構築システムのことです。

ウェブ(web)とは、直訳的には蜘蛛の巣の意味で、
インターネットで蜘蛛の巣状に張りめぐらされた、ネットワークのことです。

ログ(log)とは、
出来事や考えたこと等、何かしらの記録データのこと。
船の航海日誌が語源です。

一言で言うなら、「インターネットに書く日記」ですね。

「無料ブログサービス」として、企業が無料でシステムとサーバーを提供してることが多く、
初心者でも簡単に作れるので、利用者は膨大な数です。

HTMLサイトとの違いとしては、
ブログは記事更新型で、カテゴリ表示やコメントフォームをつけることができます。

おススメ無料ブログサービス

ま行

マインドセット


マインドセット(Mindset)とは、
思考・心理状態・思い込み(パラダイム)・価値観・信念などなど色んな意味を含みますが、
私個人的には「心構え」的な感じでとらえてます。
物事を正しくやり続けて行くのに一番大事なものですね。
メールマガジン


メールマガジンとは、
発信者が定期・不定期的に、受け取りを承認した受信者に向け
電子メールにて情報等を流し、
読みたい人が購読する電子メール配信の一形態。
MM、メルマガと略されることも多い。

略してメルマガ・MM

メルマガ


メルマガとはメールマガジンのことです。

メールマガジン

や行

ら行

リスティング広告(listing advertisement)


listing

リスティング広告とは、検索連動型広告のことで、
PPC広告の1形態。
Google・Yahoo等の検索エンジンの検索結果のページの、
通常の検索結果(SEO)とは別に、
検索キーワードと関連性の高いサイトを有料で
通常の検索結果より上の位置に、または右側の余白位置に
リスティング広告枠として表示できる仕組みです。

リスティング広告の表示枠は、同キーワードごとにオークションが行われ、
クリック単価でいっぱいお金を出した人が、優先的にいい位置が取れる。

基本的にテキストでの表示形態で、
クリックされるごとにクリック単価分の広告費の課金が発生。
逆に1度もクリックされなければ、広告費は0円で済む。

仕組み例)
キーワード単価10円(クリック単価)のリスティング広告を入札出稿した場合。

出稿したリスティング広告が100回クリックされ販売サイトへ誘導。
その100回の誘導の内に、10000円の商品が3個売れました(やったね!)。
キーワード単価10円×100回クリック広告費コスト1000円
10000円×3個売り上げ30000円
売り上げ30000円広告費コスト1000円29000円の儲け
1000回クリックされて1個も売れなければ10000円の赤字(しょんぼり・・)。
レジストラ


レジストラ(registrar)とは、ドメイン登録業者のことです。
普通私達がドメインを取得するときは、レジストラを利用します。

大概はレンタルサーバーなども一緒にやってます。

「お名前.com」「ムームードメイン」「バリュードメイン」など、
有名処の他にも沢山あります。

ドメインはどこで取得しても同じですが、
キャンペーンなどで、じゃっかん値段が違うこともあります。

わ行

記号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code